本記事のリンクには広告がふくまれています。 ポータブル電源

【必見!】停電・アウトドアでも家電が使える!ポータブル電源の選び方

ポータブル電源で使える家電

≫【毎日更新中】ポータブル電源優良メーカーセール情報 2024年6月15日更新

ママ
ママ

いざ!というときのためにポータブル電源を買おうと思っているんだけど、種類が多すぎてどうやって選んでいいのかわからない……。

パパ
パパ

OK!ポータブル電源をこよなく愛するボクが、最適なポータブル電源の選び方を教えてあげるよ!

停電時やアウトドアで、家電が使えなくて困ったこと、ありますよね?

ふだんあたりまえのように使えているスマートフォンや電子レンジ。いざ使えなくなってしまうと、急激に不安におちいります。

とくに、スマートフォンは、連絡や情報収集、娯楽など、さまざまな場面で使用します。停電時やアウトドアでスマートフォンが使えないと、本当に困ってしまいます。

そんなときに安心をもたらしてくれるのが、ポータブル電源です。

ポータブル電源は、停電時やアウトドアでも、スマートフォンを充電でき、家電も使用可能にする便利なアイテムです。

とはいえ、ポータブル電源を選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。

本記事では、ポータブル電源で使える家電を参考にしながら、はじめて買う人にもわかりやすいポータブル電源の選び方を解説します。

ポータブル電源を選ぶ際に、ぜひ参考にしてみてください。

ポータブル電源で使える家電の基礎知識


ポータブル電源は、停電時やアウトドアなどの電源のない場所でも、さまざまな家電を使用できる便利なアイテムです。

しかし、ポータブル電源で使える家電は、どれも使えるわけではありません。

ポータブル電源で使える家電を選ぶ際には、

  • 定格出力
  • 消費電力
  • 容量

の3つのポイントを比較検討することが大切です。

さらに以下の2つの条件を満たすポータブル電源を選ぶことで、安心して使用することができます。

  • 定格出力が消費電力よりも大きいこと
  • 容量が使用したい家電の連続使用時間に対応していること

ポータブル電源の定格出力と家電の消費電力の関係

ポータブル電源で使える家電を選ぶ際には、まず「定格出力」と「消費電力」の2つのポイントを理解しておく必要があります。

定格出力とは、ポータブル電源が一度に供給できる最大の電力量です。単位は「ワット(W)」で表されます。

消費電力とは、家電が消費する電力量です。こちらも単位は「ワット(W)」で表されます。

ポータブル電源で家電を使用する際には、定格出力が家電の消費電力よりも大きい必要があります。定格出力が消費電力よりも小さいと、ポータブル電源が故障する可能性があります。

例えば、定格出力が100Wのポータブル電源で、消費電力が50Wのテレビを使用する場合は、問題なく使用できます。しかし、定格出力が50Wのポータブル電源で、消費電力が100Wの冷蔵庫を使用すると、ポータブル電源が故障する可能性があります。

ポータブル電源の容量と連続使用時間

ポータブル電源の容量とは、ポータブル電源に蓄えられる電力量です。単位は「ワットアワー(Wh)」で記され、1時間で消費する電力の量を表しています。

単純に200Whのポータブル電源で、消費電力50Wの家電製品は4時間つかえることになります。

200(Wh)÷50(W)=4(時間)

しかし、放電深度と交換率を考慮すると、実際に使用できる時間は0.8時間程度といわれています。

なので

200(Wh)÷50(W)×0.8=3.2(時間)

となります。

補足

実際の使用時間は家電製品のモデルや状態によって異なり、ポータブル電源の効率も影響するため、実際の使用時間はこれより少し短くなる可能性があります。連続使用時間を確保したい場合は、容量が十分に大きいポータブル電源を選ぶ必要があります。

ポータブル電源で使える家電を選ぶポイント

ポータブル電源で使える家電を選ぶ際には、以下の3つのポイントを比較検討することが大切です。

  • 定格出力:家電の消費電力よりも大きいこと
  • 容量:使用したい家電の連続使用時間に対応していること
  • 便利機能:安心安全に使うための機能がついている

この3つの条件を満たすポータブル電源を選ぶことで、安心して使用することができます。

定格出力

ポータブル電源で家電を使用する際には、まず「定格出力」「消費電力」の2つの概念を理解しておく必要があります。

定格出力とは、ポータブル電源が一度に供給できる最大の電力量です。単位は「W(ワット)」で表されます。

消費電力とは、家電が消費する電力量です。こちらも単位は「W(ワット)」で表されます。

ポータブル電源で家電を使用する際には、定格出力が家電の消費電力よりも大きい必要があります。定格出力が消費電力よりも小さいと、ポータブル電源が故障する可能性があります。

容量

ポータブル電源の容量とは、ポータブル電源に蓄えられる電力量です。単位は「Wh(ワットアワー)」で表されます。

ポータブル電源の容量が大きければ、長時間使用することができます。

例えば、容量が200Whのポータブル電源で、消費電力が50Wのテレビを使用する場合、4時間連続で使用できます。

ただし、ポータブル電源は、使用中に容量が減っていきます。そのため、連続使用時間を確保したい場合は、容量が十分に大きいポータブル電源を選ぶ必要があります。

便利な機能

ポータブル電源についていると便利な機能を3つ。

  • ソーラーパネル充電に対応している
  • デジタル表示機能がある
  • 複数の安全機能を搭載している

ソーラーパネル充電に対応している

ソーラーパネル充電に対応したポータブル電源を選ぶと、太陽光で充電することができます。

そのため、電源がない場所でも、ポータブル電源を充電することができます。

デジタル表示機能がある

デジタル表示機能があるポータブル電源を選ぶと、残量や出力などの情報を確認することができるので、安心してポータブル電源を使用することができます。

複数の安全機能を搭載している

ポータブル電源には、過充電防止機能過放電防止機能など、さまざまな安全機能が搭載されています。

複数の安全機能を搭載しているポータブル電源を選ぶと、安全に使用することができます。

ポータブル電源で使える家電の種類

ポータブル電源で使える家電製品は、大きく分けて以下の3つのタイプに分けられます。

  • ACアダプタで充電できる家電
  • USBケーブルで充電できる家電
  • DCプラグで充電できる家電

ACアダプタで充電できる家電

ACアダプタで充電できる家電は、ポータブル電源のAC出力ポートに接続することで、家庭用コンセントと同じように使用することができます。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • ノートパソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • テレビ
  • 電気毛布
  • 扇風機
  • 加湿器

USBケーブルで充電できる家電

USBケーブルで充電できる家電は、ポータブル電源のUSB出力ポートに接続することで、充電することができます。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • スマートフォン
  • タブレット
  • ワイヤレスイヤホン
  • スマートウォッチ
  • デジタルカメラ
  • ビデオカメラ

DCプラグで充電できる家電

DCプラグで充電できる家電は、ポータブル電源のDC出力ポートに接続することで使用できます。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • ポータブルテレビ
  • ポータブル冷蔵庫
  • ポータブルオーディオ
  • ポータブルゲーム機

なお、ポータブル電源の出力波形が正弦波かどうかは、家電製品を使用する際の注意点となります。正弦波の出力に対応していない家電製品は、修正正弦波や矩形波の出力で使用すると、正常に機能しなくなったり故障する可能性があります。

100W以下で使える家電

製品消費電力利用時間/回数
スマートフォン18W約8回
ワイヤレスイヤホン2W約99回
携帯ゲーム機12W約7時間
スマートウォッチ5W約99時間
タブレット30W約2.5回
ノートパソコン90W約1.8回

100Wクラスでおすすめのポータブル電源

Jackery Explorer 100 Plus
ナノズ 楽天市場店
¥15,171 (2024/04/19 16:28時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

300W以下で使える家電

製品消費電力利用時間/回数
スマートフォン18W約14回
タブレット20W約4回
ノートパソコン80W約2回
テレビ60W約60時間
扇風機45W約4.5時間
電気毛布55W約4時間

300Wクラスでおすすめのポータブル電源

Jackery 300 Plus JE-300B

500W以下で使える家電

製品消費電力利用時間/回数
スマートフォン18W約27回
タブレット20W約25回
LEDライト5WW約94時間
電気カーペット200W約2時間
電気毛布50W約9時間
サーキュレーター30W約16時間
小型炊飯器250W約2回
車載冷蔵庫60W約7時間

1000W以下で使える家電

製品消費電力利用時間/回数
スマートフォン18W約65回
液晶テレビ60W約14時間
車載冷蔵庫60W約45時間
プロジェクター100W約9時間
製氷機500W約2.2時間
コーヒーメーカー1000W約1時間

1000Wクラスでおすすめのポータブル電源

Jackery 1000Plus

1500W以下で使える家電

製品消費電力利用時間/回数
スマートフォン18W約74回
ノートパソコン70W約13回
LEDライト5W約105時間
コーヒーメーカー1120W約68分間
車載冷蔵庫60W約90時間
電気毛布90W約17時間
電気オーブン1150W約1時間
ポータブルエアコン1500W約50分

2000W以下で使える家電

製品消費電力利用時間/回数
ブレンダー300W約4.7時間
炊飯器330W約5.2時間
電子レンジ960W約1.5時間
エアコン1000W約2.3時間
コーヒーメーカー1500W約1.1時間
電気ケトル1200W約40分

2000Wクラスでおすすめのポータブル電源

Jackery 2000 Plus JBP-2000A

ポータブル電源で家電を使用するときの注意点

ポータブル電源は、停電時やアウトドアなどで、家電を使用できるようにする便利なアイテムです。

しかし、ポータブル電源で家電を使用する際には、以下のようなの注意点があります。

チェックすべき注意点

  • 出力の波形は正弦波か
  • 定格出力を超えてないか
  • 使用環境と温度管理
  • 連続使用時間の確認
  • 接続方法とケーブルの品質

出力の波形は正弦波か

ポータブル電源の出力には、正弦波と矩形波の2種類があります。

  • 正弦波は、一般的な家庭用電源と同じ波形です。すべての家電に対応しています。
  • 矩形波は、正弦波に比べて波形が歪んでいるため、一部の家電では使用できない場合があります。

ポータブル電源で家電を使うときは、正弦波のポータブル電源を選びましょう。

なぜなら、家庭用コンセントから供給される電源は正弦波であるため、多くの家電は正弦波で使用するように設計されているからです。

正弦波以外の波形の電源で家電を使用すると、「家電が正常に動作しない」「家電が故障する」といった問題が発生する可能性があります。

安価なポータブル電源の中には、修正正弦波や矩形波の出力しかないものがあります。

修正正弦波でも問題なく使用できる製品もありますが、複数の家電を使用する可能性があるのであれば、正弦波のポータブル電源を選ぶことをおすすめします。

正弦波のポータブル電源は、価格がやや高くなりますが、安心して家電製品を使用することができます。

定格出力を超えてないか

ポータブル電源は、お水を入れるコップのようなもの。

定格出力をコップの容量とすると、家電の消費電力は、コップに入れるお水の量です。

コップの容量よりもお水の量が多いと、コップが割れたり、こぼれたりする可能性があります。

ポータブル電源も同じで、定格出力よりも家電の消費電力が多いと、ポータブル電源が故障したり、発火につながったりします。

使用環境と温度管理

ポータブル電源は高温や低温の環境では性能が低下することがあります。

また、適切な換気が確保されていないと過熱する可能性があります。

使用する環境の温度や換気状態を確認し、適切に管理することが大切です。

連続使用時間の確認

ポータブル電源は連続使用時間に制限がある場合があります。

長時間使用する家電の場合、連続使用時間を確認し、必要に応じて休止時間を設けることで、電源の寿命を延ばすことができます。

接続方法とケーブルの品質

家電をポータブル電源に接続する際、適切なケーブルを使用し、しっかりと接続することが重要です。

劣化したケーブルや不適切な接続は、電圧低下や発火の原因となることがあります。

高品質なケーブルを使用し、確実に接続されていることを確認しましょう。

最近では100円均一ショップの電源ケーブルも高品質なものも多いですが、ポータブル電源においてはメーカーが推奨しているケーブルを使ってください。

ママ
ママ

ポータブル電源の寿命をのばすためにもちゃんとした使い方を理解しておくのね!

ポータブル電源で使える家電についてよくある質問

よくある質問

「ポータブル電源で使える家電」に関連する、よくある質問とその回答をまとめました。

ポータブル電源で使える家電は?

ポータブル電源で使える家電は、スマートフォン、パソコン、タブレット、テレビ、電気毛布、扇風機、加湿器など、さまざまな家電があります。

ただし、ポータブル電源の定格出力と容量が家電の消費電力を超えると、ポータブル電源が故障する可能性があります。そのため、ポータブル電源を選ぶ際には、家電の消費電力も考慮するようにしましょう。

ポータブル電源の容量はどれくらいあればいいの?

ポータブル電源の容量は、使用したい家電の消費電力と使用時間によって異なります。

例えば、スマートフォンを1日2回充電する場合、容量が100Whのポータブル電源で、約2日間使用することができます。

ポータブル電源の定格出力はどれくらいあればいいの?

ポータブル電源の定格出力は、家電の消費電力よりも大きい必要があります。例えば、消費電力が50Wの家電を充電する場合、定格出力が50W以上のポータブル電源が必要です。

ポータブル電源の充電時間はどれくらい?

ポータブル電源の充電時間は、ポータブル電源の容量と充電方法によって異なります。

例えば、容量が100Whのポータブル電源を、ACアダプターで充電する場合、約3時間で充電することができます。

ポータブル電源はどこで買える?

ポータブル電源は、家電量販店やインターネット通販などで購入することができます。

まとめ:ポータブル電源で使いたい家電をチェックして3つのポイントを抑えて購入しよう

ポータブル電源で使える家電を選ぶ際には、以下の3つのポイントを比較検討することが大切です。

  • 定格出力
  • 容量
  • 便利な機能

定格出力とは、ポータブル電源が一度に供給できる最大の電力量です。家電の消費電力よりも定格出力が小さいと、ポータブル電源が故障する可能性があります。

容量とは、ポータブル電源に蓄えられる電力量です。容量が大きければ、長時間使用することができます。

ポータブル電源についていると便利な機能は、以下の3つです。

  1. ソーラーパネル充電に対応している
  2. デジタル表示機能がある
  3. 複数の安全機能を搭載している

また、ポータブル電源の容量(Wh)と家電の消費電力(W)がわかれば、ポータブル電源で使用できる家電の使用時間の目安を計算することができます。

単純に200Whのポータブル電源で、消費電力50Wの家電製品は4時間つかえることになります。

200(Wh)÷ 50(W)= 4(時間)

しかし、放電深度と交換率を考慮すると、実際に使用できる時間は0.8時間程度といわれています。

なので

200(Wh) ÷ 50(W) × 0.8 = 3.2(時間)

となります。

ポータブル電源には、USBポートやシガーソケットなど、さまざまな端子が搭載されています。端子ごとに出力が異なるため、使用家電の消費電力と出力が一致しているか確認しましょう。

-ポータブル電源

35秒カンタン入力でOK
申し込んだからといって必ず売らなくても大丈夫!翌日には希望の口座に振り込まれます。
無料で愛車を査定する
最大3万円クーポン配布中
おいそぎください!あのJackeryが最大40%OFFのセール中!6月23日(金)23時59分まで!
セール品を見る