本記事のリンクには広告がふくまれています。 ポータブル電源 車中泊

車中泊用にポータブル電源は買うべき? メリット・デメリットを解説

車中泊用にポータブル電源は必要?

≫【毎日更新中】ポータブル電源優良メーカーセール情報 2024年6月15日更新

「車中泊するのにポータブル電源って必要なの?」
「ポータブル電源があるとどんなことができるの?」

こんな疑問を持っている方、いますよね?

この記事では、車中泊にポータブル電源は必需品って聞くけど、いまいち何が便利かわからないという人の疑問を解決できます。

結論から言うと、「不便を楽しむのがアウトドアの醍醐味!」と感じている人にはポータブル電源はおすすめしません。

逆に、アウトドアでもインドアを楽しみたいという人にこそ、ポータブル電源は重宝します。

ポータブル電源があれば、ご自宅の快適な環境をそのまま外に落ち出すことが可能。冷蔵庫や電子レンジが使えて調理が時短できるし、冬は電気毛布、夏は扇風機が使えるんです。

とはいえ、ポータブル電源には、容量や出力、出力波形、接続口、バッテリーのタイプなど、さまざまな種類があります。

自分に合ったポータブル電源を選ぶためには、事前にしっかりと比較検討する必要があります。

そこで今回は、車中泊でのポータブル電源のメリット・デメリットと、ポータブル電源の選び方についても詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

【決定版】車中泊におすすめなリン酸鉄搭載ポータブル電源5選を徹底比較

車中泊にポータブル電源は必要?

車中泊にポータブル電源は必要?

結論から言うと、車中泊の頻度やスタイルによって必要かどうかは違います。

車中泊にポータブル電源があると便利な理由は以下の3つ。

  • 車内でLEDライトや電化製品を使える
  • 車のバッテリーへの負担を軽減できる
  • 災害時の非常用電源として使える

例えば、1泊2日の車中泊で、スマートフォンやLEDランタンなどの小型電化製品を利用するだけであれば、車内のシガーソケットやUSBポートから電源を供給すれば十分。そのため、ポータブル電源は必要ありません。

一方、1週間以上の長期車中泊や、冷蔵庫や炊飯器などの家電製品を利用する場合は、ポータブル電源があるととても便利です。

車中泊にポータブル電源は必要かどうかは、以下のポイントを参考に判断しましょう。

  • 車中泊の頻度
  • 車内で使用したい電化製品
  • ポータブル電源の予算

車中泊をあまりしない場合、ポータブル電源を買う必要はありません。しかし、車中泊の頻度が多い場合は、ポータブル電源があると便利です。

ポータブル電源を選ぶ際には、容量や出力、出力波形、接続口、付属品などに注意しましょう。

また、車中泊でポータブル電源を使用する際は、安全に使用するように注意してください。

パパ
パパ

ちなみにボクはもうポータブル電源なしの車中泊には戻れません。家族で車中泊するときは、快適&時短が最優先!

車中泊にポータブル電源を使うメリット

結論から言うと、車中泊にポータブル電源を使うメリットは、大きく分けて以下の3つです。

  • 車内で電化製品を使える
  • 車のバッテリーへの負担を軽減できる
  • 災害時の非常用電源として使える

車内で電化製品を使える

ポータブル電源があれば、車内でLEDライトや冷蔵庫、炊飯器、電子レンジなどの電化製品を自由に使うことができます。これにより、車中泊の快適性が大幅に向上します。

車のバッテリーへの負担を軽減できる

車内の電源を使うと、車のバッテリーの消耗を早めてしまいます。ポータブル電源があれば、車のバッテリーに負担をかけずに、電化製品を使用することができます。

たとえば、ポータブル電源があれば、車のバッテリーに負担をかけずに家族分のスマートフォンやノートパソコンなどのを充電することができます。

これにより、車中泊でもスマートフォンやノートパソコンを使い続けることができ、車内でのリモートワーク、タブレットで映画を見たり、switchで子供とゲームを楽しむことができます。

災害時の非常用電源として使える

ポータブル電源は、災害時の非常用電源としても活用できます。停電時でも、スマートフォンやラジオなどの電源を確保できるため、情報収集や連絡手段を確保することができます。

例えば、以下のような車中泊シーンでポータブル電源が役立ちます。

  • 冷蔵庫を車内に持ち込んで、冷たい飲み物や食べ物を確保できる
  • 炊飯器や電子レンジで調理ができる
  • ドライヤーやヘアアイロンを使って、身だしなみを整えられる
  • ノートパソコンで仕事をしたり、動画を見たりできる
  • スマートフォンでSNSやゲームを楽しむことができる
パパ
パパ

災害が起きないことを願うけど、普段から車中泊でポータブル電源を活用していれば、災害時にも慌てることなくなるね!

車中泊にポータブル電源を使うデメリット

車中泊にポータブル電源を使うデメリットは、以下の2つです。

  • 価格が高い
  • 重量が重い

価格が高い

ポータブル電源は、その容量や性能によって価格が大きく異なります。大容量で高性能なポータブル電源になると、10万円を超えるものもあります。

重量が重い

ポータブル電源の容量が大きいほど、重量も大きくなります。そのため、持ち運びに不便を感じる場合もあります。

パパ
パパ

車中泊にポータブル電源を使うデメリットは、価格が高いことと重量が重いこと。ただし、車内で電化製品を使いたいというニーズや、災害時の非常用電源として用意したいというニーズがある場合は、デメリットよりもメリットの方が大きいよね!

車中泊におすすめのポータブル電源の選び方

車中泊におすすめのポータブル電源の選び方のポイントは、以下の8つです。

  • 容量
  • 重量
  • サイズ
  • 出力
  • 出力波形
  • 接続口
  • バッテリーのタイプ
  • 付属品

容量

車中泊で使用する電化製品の消費電力に合わせて、適切な容量を選びましょう。

1泊2日程度の車中泊であれば、500Wh〜1,000Wh程度の容量があれば十分です。

長期間の車中泊や、冷蔵庫や炊飯器などの家電製品を使う場合は、2,000Wh以上の容量が必要です。

重量

車中泊でポータブル電源を持ち運ぶ場合は、重量も考慮しましょう。軽量なポータブル電源を選ぶことで、持ち運びが楽になります。

目安は3㎏~15㎏のポータブル電源が持ち運ぶのに負担になりません。

サイズ

車内に収納する必要がある場合は、サイズも考慮しましょう。コンパクトなポータブル電源を選ぶことで、車内のスペースを有効活用できます。

出力

ポータブル電源の出力は、接続する電化製品の消費電力以上ある必要があります。

スマートフォンやノートパソコンなどの充電であれば、100W〜200W程度の出力があれば十分です。

冷蔵庫や炊飯器などの家電製品を使う場合は、500W以上の出力が必要です。

出力波形

ポータブル電源の出力波形には、正弦波と矩形波があります。

正弦波は、家庭用電源と同じ波形です。すべての電化製品に対応しています。

矩形波は、正弦波と比べて電気ノイズが大きくなります。そのため、一部の電化製品では正常に動作しない可能性があります。

接続口

接続口は、ポータブル電源と電化製品を接続するためのものです。使用する電化製品の接続口に対応したものを選びましょう。

ACアダプターやUSBポートなどの接続口が付いているものが一般的です。

冷蔵庫や炊飯器などの家電製品を使う場合は、専用の接続口が必要になる場合があります。

また、車中泊ではワイヤレス充電があるとさらに便利です。いちいちケーブルを探して挿す手間は意外とストレスになります。

バッテリーのタイプ

ポータブル電源に使用されているバッテリーには、「三元系リチウムイオンバッテリー」と「リン酸鉄リチウムイオンバッテリー」があります。

三元系リチウムイオンバッテリーは、エネルギー密度が高く、軽量でコンパクトです。

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーは、安全性や耐久性に優れています。

リン酸鉄リチウムイオン電池の安全性

付属品

車中泊で使用する場合は、車載用充電ケーブルや、ACアダプターなどの付属品が付いていると便利です。

LEDライトが搭載されていると、就寝時にちょっと明かりが欲しいときに重宝します。

価格

ポータブル電源の価格は、容量や出力、付属品などによって異なります。予算に合わせて、適切なポータブル電源を選びましょう。

例えば、車のシガーソケットから電源を供給するためのケーブルは、車中泊で使う際に便利です。

パパ
パパ

車中泊におすすめのポータブル電源は、「正弦波」「リチウムイオンバッテリー搭載」のものを選び、車内で使う電化製品の消費電力や出力可能な数、使用頻度に合わせて購入しましょう!

【決定版】車中泊におすすめなリン酸鉄搭載ポータブル電源5選を徹底比較

車中泊用にポータブル電源を買うべき人

車中泊用にポータブル電源を買うべき人

ポータブル電源を買うべき人は、以下の3つの条件に当てはまる人です。

  • 車中泊キャンプを快適にしたい人
  • 車内でリモートワークをする人
  • 災害時の非常用電源としても使いたい

具体的には、以下のとおりです。

車中泊キャンプを快適にしたい人

週末は車中泊キャンプが趣味という人は、ポータブル電源があると、スマートフォンやカメラの充電、車載冷蔵庫や炊飯器、電子レンジなどの家電製品の使用で快適になります。

車内でリモートワークをしたい人

車内でリモートワークをしたければ、ポータブル電源は必需品です。なぜなら、仕事中でもスマートフォンやノートパソコンのバッテリー切れの心配がないからです。

また、電気ケトルが使える容量があれば、ランチタイムにカンタンな調理ができたり、息抜きにコーヒーを楽しむことができますよ。

災害時の非常用電源としても使いたい

災害時の非常用電源としても使いたい人は、定格容量が2,000W以上のポータブル電源を選ぶと安心です。また、ソーラーパネルや発電機と組み合わせることで、災害時に長時間の電源供給を可能にすることができます。

車中泊用にポータブル電源を買うべきでない人

車中泊用にポータブル電源を買うべきでない人

ポータブル電源を買わなくていい人は、以下の2つの条件に当てはまる人です。

  • 不便を楽しむ車中泊キャンプがしたい人
  • 車中泊の頻度が少ない
  • 車内で電化製品をあまり使わない

具体的には、以下のとおりです。

不便を楽しむ車中泊キャンプがしたい人

「キャンプは不便を味わうものだ!」という人にはポータブル電源はおすすめしません。

なぜならポータブル電源があると、キャンプが快適になりすぎてしまうからです。

容量にもよりますが、ポータブル電源があるだけで、いつもの家庭環境をごっそり持ち出せてしまいます。電子レンジや炊飯器、冷蔵庫、電気ケトル、電気毛布、扇風機などの電気製品はポータブル電源があればすべて使用できます。

「そんなキャンプは邪道!」と感じる人にはポータブル電源は必要ありません。

車中泊の頻度が少ない

車中泊の頻度が少ない人は、ポータブル電源を買う必要はありません。車中泊をするときだけ、レンタルすることもできます。

車内で電化製品をあまり使わない

車内でスマートフォンやノートパソコンなどの電化製品をあまり使わない人は、ポータブル電源を買う必要はありません。スマートフォンやノートパソコンであれば、モバイルバッテリーとかシガーソケットからの充電だけで十分です。

パパ
パパ

ポータブル電源は、車中泊の快適性や安全性を向上させる便利なアイテム。車中泊の頻度やスタイルに合わせて、適切に選ぼう!

車中泊でポータブル電源を使う際の注意点

車中泊でポータブル電源を使う際は、以下の点に注意しましょう。

安全につかうために

  • 取扱説明書をよく読んで、安全に使用する。
  • 過充電や過放電を避ける。
  • 水濡れや落下などの衝撃に気を付ける。
  • 直射日光や高温多湿の場所での使用は避ける。
  • 安全な場所に置く
  • 定期的に点検する

車内でつかうときの注意点

  • 車内の温度に注意する
  • 直射日光に注意する
  • 車載用ソケットを使用する
  • 電源ケーブルを正しく接続する
  • 電源ケーブルを正しく接続する
  • 安全な場所に置く
  • 使用後は、電源を切る

安全に使うために

ポータブル電源は、大きな電力を蓄えた装置です。そのため、安全に使用しないと火災や感電などの危険があります。

安全に使用するためにも以下の点に注意してください。

取扱説明書をよく読んで、安全に使用する。

ポータブル電源には、取扱説明書が付属してます。取扱説明書をよく読んで、安全に使用方法を確認しましょう。

過充電や過放電を避ける。

ポータブル電源は、過充電や過放電をするとバッテリーの寿命を縮めたり、破裂や発火の原因になります。ポータブル電源の充電は、取扱説明書に記載されている充電時間や、バッテリー残量を守って使用しましょう。

水濡れや落下などの衝撃に気をつける。

ポータブル電源は、水濡れや落下に弱いため注意が必要です。外で使用している場合、突然の雨にも気を付けましょう。

万が一ポータブル電源本体が濡れてしまった場合、感電の恐れがあります。

直射日光や高温多湿の場所での使用は避けましょう。

ポータブル電源は、基本的に屋外での使用が想定されています。直射日光や高温多湿の場所での使用は、発熱や故障の原因になります。そのため、屋外では日かげで風通しの良い場所で使用しましょう。

安全な場所に置く

ポータブル電源は、重量があるため、倒れないように安全な場所に置きましょう。また、ポータブル電源の周囲に、可燃物や金属物などを置かないようにしましょう。

定期的に点検する

ポータブル電源は、定期的に点検して、異常がないか確認しましょう。異常が見つかった場合は、使用せず、すぐにメーカーに問い合わせましょう。

車内での使用に注意

車内でポータブル電源を使用する際は、以下の点に注意しましょう。

車内の温度に注意する

ポータブル電源は、リチウムイオンバッテリーを搭載しています。リチウムイオンバッテリーは、高温に弱いため、車内の温度が40℃を超えないように注意しましょう。車内が暑くなる場合は、ポータブル電源を車外で充電したり、冷却する方法を考えましょう。

直射日光に注意する

ポータブル電源は、直射日光に当てないように注意しましょう。直射日光に当てると、内部の温度が上昇して、故障や発火の原因になる可能性があります。

車載用ソケットを使用する

ポータブル電源を車内で使用する場合は、車載用ソケットから充電しましょう。車載用ソケットは、車のバッテリーから直接電源が供給されるため、安定した充電が可能です。

電源ケーブルを正しく接続する

ポータブル電源を車載用ソケットから充電する場合は、電源ケーブルを正しく接続しましょう。電源ケーブルを正しく接続しないと、ショートや発火の原因になる可能性があります。

安全な場所に置く

ポータブル電源は、車内で安全な場所に置きましょう。後部座席の足元や、荷質など、運転のジャマにならない場所に置くのがおすすめです。

使用後は、電源を切る

ポータブル電源を車内で使用しない場合は、電源を切るようにしましょう。電源を切ることで、バッテリーの消耗を抑えることができます。

パパ
パパ

車中泊でポータブル電源を使う際は、安全に使用するために、必ず取扱説明書をよく読み、注意点を守って使用しましょう。

ポータブル電源についてよくある質問

よくある質問

ポータブル電源のメリットは?

「車内の電化製品を使える」「車のバッテリーに負担をかけない」「災害時の非常用電源として使える」。ポータブル電源があれば、車内で家族分のスマートフォンやノートパソコンの充電ができます。

また、冷蔵庫や電気毛布、扇風機といった家電製品も使用できるので、快適な車中泊を楽しめます。

災害時の非常用電源としても使え、停電時でもスマートフォンの充電やラジオの電源を確保できます。


ポータブル電源を選ぶときは、何をチェックすればいい?

  • 容量

ポータブル電源の容量は、Wh(ワットアワー)で表されます。Whの数値が大きければ、より多くの電気を蓄えることができます。

車内で使いたい電化製品の消費電力に合わせて、容量を選びましょう。

  • 出力

ポータブル電源の出力は、W(ワット)で表されます。Wの数値が大きければ、より多くの電力を供給することができます。

電化製品の消費電力よりも大きい出力のものを選びましょう。

  • 出力波形

ポータブル電源の出力波形には、正弦波と矩形波があります。

正弦波は、家庭用電源と同じ波形です。すべての電化製品に対応しています。

矩形波は、正弦波と比べて電気ノイズが大きくなります。そのため、一部の電化製品では正常に動作しない可能性があります。

  • 接続口

ポータブル電源には、さまざまな種類の接続口が用意されています。

車内で使う電化製品に合わせて、接続口の種類や数を確認しましょう。

  • バッテリーのタイプ

ポータブル電源に使用されているバッテリーには、リチウムイオンバッテリーとリン酸鉄リチウムバッテリーがあります。

リチウムイオンバッテリーは、エネルギー密度が高く、軽量でコンパクトです。

リン酸鉄リチウムバッテリーは、安全性や耐久性に優れています。

  • 付属品

ポータブル電源には、車載用ソケットやACアダプターなどの付属品が付いている場合があります。

車載用ソケットがあると、車のシガーソケットから直接電源を供給することができます。

ACアダプターがあると、家庭用コンセントから電源を供給することができます。


ポータブル電源の使い方は?

ポータブル電源の使い方は、基本的には以下のとおりです。

  • ポータブル電源をコンセントや車のシガーソケットから充電します。
  • 充電が完了したら、電源をオンにします。
  • 電源アダプターやケーブルを使って、電化製品に電源を供給します。

ポータブル電源には、さまざまな機能や使い方がありますので、取扱説明書をよく読んで、正しく使用するようにしましょう。


車中泊に必要なW(ワット)数は?

車中泊に必要なW(ワット)数は、使用する電化製品の消費電力によって異なります。一般的には、1泊程度の車中泊には1,000Wh程度のポータブル電源で十分です。

具体的な消費電力は、使用する電化製品によって異なりますが、例えば、電気毛布の場合、ソロキャンプであれば300〜500Wh程度のポータブル電源で事足ります。

さらに、定格出力1000W以上のポータブル電源を使用すれば、電子レンジやホットプレート、ドライヤーなどの消費電力が1000Wを超える電化製品も使用可能です。

まとめ:ポータブル電源があれば車中泊でも自宅の快適環境を作れる!

ポータブル電源があれば車中泊でも自宅の快適環境を作れる!

車中泊の魅力は、自由気ままな旅を楽しめることです。好きな場所で好きな時間に休憩したり、寝泊まりしたりすることができます。

しかし、車内にはコンセントがないのがほとんど。そのため、スマートフォンやノートパソコンなどの充電や、冷蔵庫や炊飯器などの家電製品の使用には困ってしまいます。

そこで活躍するのが、ポータブル電源です。ポータブル電源があれば、車内でも好きな電化製品を自由に使うことができます。

ポータブル電源のメリットは3つ。

ポータブル電源3つのメリット

  • 車内の電化製品を使える
  • 車のバッテリーへの負担を軽減できる
  • 災害時の非常用電源として使える

ポータブル電源を選ぶときのポイントは8つ

選ぶときの8つのポイント

  • 容量:使いたい電気製品に合わせて
  • 重量:持ち運べる重さ
  • サイズ:車内でジャマにならないサイズ
  • 出力:使いたい消費電力以上
  • 出力波形:正弦波を選ぶ
  • 接続口:ワイヤレス充電があると便利
  • バッテリーのタイプ:リン酸鉄リチウムイオン電池の製品
  • 付属品:充電ケーブル、ACアダプターをチェック

車中泊にポータブル電源が必要かどうかは、車中泊の頻度やスタイルによって異なります。

頻繁に車中泊をする場合や、車中泊キャンプを快適に過ごしたい人はポータブル電源があると便利です。

逆に、キャンプは不便を楽しむものというこだわりがある人にはポータブル電源は必要ありません。

また、災害時の非常用電源としても活用できるので、ポータブル電源の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

【決定版】車中泊におすすめなリン酸鉄搭載ポータブル電源5選を徹底比較

-ポータブル電源, 車中泊
-,

35秒カンタン入力でOK
申し込んだからといって必ず売らなくても大丈夫!翌日には希望の口座に振り込まれます。
無料で愛車を査定する
最大3万円クーポン配布中
おいそぎください!あのJackeryが最大40%OFFのセール中!6月23日(金)23時59分まで!
セール品を見る