本記事のリンクには広告がふくまれています。 車を売りたい

車を売る時に必要な書類はコレだけ!種類・準備方法・注意点まで徹底解説

car-sale-required-documents
ママ
ママ

車を売りたいんだけど、何からはじめたらいいのかわからない……。

パパ
パパ

そんなことならボクにまかせて!いままで自分の車を5台売却したボクが、売却に必要な書類と準備のしかたを教えるよ!

プロボパパのプロフィール

必要な書類は何?手続きは面倒じゃない?もしかして損してない?

初めての車の売却は、分からないことだらけで不安ですよね。

でも、安心してください。この記事を読めば、そんな悩みはスッキリ解消できます。

2024年最新の情報に基づき、車を売るために必要な書類から、高く売るためのコツ、手続きの流れまで、全て分かりやすく解説します。

この記事を最後まで読んで、自信を持って車を売却しましょう!

\ WEBでカンタン申込可能 /

無料で査定できる買取業者はコチラ

車を売る時に必要な書類はコレだけ!種類・準備方法・注意点

車を手放すことを決めたら、次に気になるのは「何を準備すればいいの?」ということですよね。

ここでは、車を売るための必要書類一覧準備方法と注意点、そして書類不備によるトラブルを防ぐ方法を解説します。

車を売るための必要書類一覧

車を売るためには、いくつかの書類が必要になります。まず、必ず準備しなければいけない書類は以下の6点です。

車検証車の所有者や使用者、車種などの情報が記載されています。
自賠責保険証明書自動車損害賠償責任保険の加入を証明する書類です。
自動車税納税証明書自動車税を納めていることを証明する書類です。
リサイクル券自動車リサイクル料金が支払われていることを証明する書類です。
実印住民登録をしている市区町村に登録された印鑑です。
印鑑証明書実印であることを証明する書類です。

上記の書類は、どれも車を売る上で欠かせないものです。

紛失している場合は、再発行の手続きが必要になりますので、早めに確認しておきましょう。

プロボパパ
プロボパパ

印鑑証明書はマイナンバーカードがあればコンビニでも発行できるよ!

書類の準備方法と注意点

車を売るための必要書類の準備は、手間がかかります。

しかし、事前にしっかりと準備しておくことで、売却手続きをスムーズに進めることができます。

車検証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、リサイクル券については、有効期限や記載内容に誤りがないかを確認しましょう。紛失している場合は、再発行の手続きが必要です。

実印印鑑証明書は、発行から3ヶ月以内のものが必要です。紛失している場合は、再発行の手続きを行いましょう。

委任状譲渡証明書は、通常、買取業者が用意してくれます。

住民票や戸籍謄本(附票)は、車検証の住所と現住所が異なる場合に必要になります。

書類不備によるトラブルを防ぐためには

必要書類が揃っていないと、売却手続きが中断したり、最悪の場合、売却自体がキャンセルになることもあります。そうならないためにも、余裕を持って書類の準備を進めましょう。

不明な点があれば、ディーラーや買取業者に相談することをおすすめします。専門家のアドバイスを受けることで、安心して手続きを進めることができます。

「面倒だな…」と感じてしまうかもしれませんが、必要な書類をきちんと準備しておくことは、後々のトラブルを防ぐためにも大切なことです。

参考:国土交通省ホームページ「自動車の登録について」

≫車の売却について相談できる買取業者はコチラ

車を売るなら知っておきたい!必要書類以外の準備と手続き方法

車を売るには、書類の準備だけでなく、他にもいくつかやっておくべきことがあります。準備をしっかりとしておくことで、スムーズに車を売却でき、より高く売れる可能性も高まります。

車両の状態をチェック

査定を受ける前に、車両の状態をしっかりとチェックしましょう。

なぜなら、査定額は車の状態によって大きく左右されるからです。

具体的には、以下の3つのポイントをチェックしましょう。

  • 洗車・清掃: 車をキレイにすることで、査定員に好印象を与え、査定額アップに繋がることが期待できます。 内装も忘れずに掃除しましょう。
  • 修理・メンテナンス: 傷や凹み、故障箇所があれば、修理しておくことをおすすめします。 ただし、修理費用によっては、そのまま売却した方がお得な場合もありますので、事前に見積もりを取るのが良いでしょう。
  • 付属品の確認: スペアキーや取扱説明書、整備記録簿など、付属品が揃っていると査定額がアップする可能性があります。 紛失している場合は、事前に探しておくか、再発行を検討しましょう。

売却方法を選ぶ

車を売る方法は、主に3つあります。それぞれメリット・デメリットがありますので、自分に合った方法を選びましょう。

  • ディーラー下取り
  • 買取業者
  • 個人売買

ディーラー下取り

車を買い替える際に、新しい車の購入と同時に今の車を売却する方法です。

手続きが簡単ですが、査定額が低い傾向にあります。

買取業者

中古車買取業者に車を売却する方法です。

ディーラー下取りよりも査定額が高い傾向にありますが、手続きが面倒な場合もあります。

複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討することが大切です。

個人間売買

個人間で直接車を売買する方法です。

最も高値で売れる可能性がありますが、手続きが複雑で、トラブルに巻き込まれるリスクもあります。

プロボパパ
プロボパパ

ボクは必ず買取業者さんで車を売却するよ!1番めんどうな名義変更の手続きはちゃんとやってくれて、必要な種類を集めるだけで済むからね!

【徹底比較】車下取り!ディーラーと買取業者のメリット・デメリット

手続きの流れを把握

車売却の流れ

車を売る際の手続きの流れを把握しておくことで、安心して進めることができます。

  • 売却先の選定
  • 必要書類の準備
  • 査定と見積もり
  • 売却契約の締結
  • 車の引き渡し
  • 名義変更手続き

手続きの流れは、売却方法によって異なります。

わからない点があれば、ディーラーや車の買取業者に相談するようにしましょう。

≫安心して相談できる車買取業者

【ケース別】車を売る時の必要書類まとめ

車を売却する方法はひとつではありません。

状況によって、必要な書類や手続きが異なるため注意が必要です。

ここでは、ケース別に必要な書類をまとめました。

普通車を売る場合

普通車を売却する場合は、基本的な必要書類に加えて、以下の書類が必要です。

  • 実印: あなたの印鑑登録証明書に登録されている印鑑です。 実印は、車検証の名義変更など、重要な手続きに使用します。
  • 印鑑証明書: 実印があなたの印鑑であることを証明する書類です。 市区町村役場やコンビニで発行できます。

これらの書類は、車の所有権を移転するために必要なものです。

紛失している場合は、再発行の手続きが必要になりますので、早めに準備しておきましょう。

軽自動車を売る場合

軽自動車を売却する場合は、実印と印鑑証明書は不要です。

認印で手続きを進めることができます。

ただし、車検証や自賠責保険証明書など、基本的な必要書類は必ず準備しましょう。

【完全ガイド】軽自動車売却時の必要書類と失敗しないための注意点

ローンが残っている車を売る場合

ローンが残っている車を売却する場合は、以下の2つの方法があります。

  • 残債を一括返済する: 売却前にローンを完済する方法です。 完済後に所有権解除の手続きを行い、車を売却します。
  • 買取業者に依頼して清算する: 買取業者に売却と同時にローンを清算してもらう方法です。 この場合、売却額が残債を上回れば、差額を受け取ることができます。

どちらの方法を選ぶかによって、手続きが異なります。

不安な場合は、買取業者や金融機関に相談することをおすすめします。

廃車にする場合

車を廃車にする場合は、抹消登録という手続きが必要です。

抹消登録に必要な書類は、自治体によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

一般的には、以下の書類が必要になります。

  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 印鑑
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券

上記の書類を揃えて、管轄の運輸支局または自動車検査登録事務所で手続きを行います。

手続きが完了すると、自動車税の還付を受けることができます。

とはいえはじめて廃車する人にとってはなにがなんだかわからない事も多いですよね。

めんどうな手続きをぜんぶ業者におまかせしたいという人は、廃車買取専門のお店に丸投げすることをおすすめします。

≫廃車手続き・引き取り完全無料の廃車専門業者

車を売る前に知っておきたい!よくある疑問と注意点

車を売る際、疑問や不安に思うことがありますよね?ここでは、よくある疑問と注意点をまとめました。事前に確認しておくことで、スムーズな売却に繋がります。

車検証の住所と現住所が違う場合は?

車検証に記載されている住所と現在の住所が違う場合、そのままでは車を売却できません。なぜなら、車検証は車の所有者の住所を証明する書類だからです。

引っ越しなどで住所変更をした場合は、車検証の住所変更手続きを行う必要があります。手続きを行っていない場合は、以下の書類が必要になります。

  • 住民票(発行して3カ月以内のもの)
  • 戸籍の附票(複数回住所が変わっている場合)

これらの書類は、あなたの住所の変遷を証明し、車検証の住所と現住所が同一人物であることを示すために必要です。

プロボパパ
プロボパパ

住民票戸籍の附票もマイナンバーカードがあればいつでもコンビニで発行することができるよ!

車の名義が自分ではない場合は?

車を売却する際、名義人が自分ではない場合は、名義人の委任状が必要になります。委任状は、名義人があなたに車の売却を委任することを証明する書類です。

委任状がないと、あなたが車を売却することはできません。名義人から委任状を取り寄せ、必要事項を記入・押印してもらいましょう。

査定額を上げるには?

少しでも高く車を売りたいと考えるのは当然のことです。査定額を上げるためには、以下の3つのポイントを押さえましょう。

  • 洗車・清掃: 内外装をキレイにすることで、査定員に好印象を与え、査定額アップに繋がります。
  • 修理・メンテナンス: 傷や凹み、故障箇所があれば、修理しておくことで査定額アップが期待できます。 ただし、修理費用によっては、そのまま売却した方がお得な場合もありますので、事前に見積もりを取るのが良いでしょう。
  • 複数の業者に査定依頼: 1社だけでなく、複数の買取業者に査定を依頼することで、より高値で売却できる可能性が高まります。 それぞれの業者の査定額を比較検討し、最も条件の良い業者を選びましょう。


これらのポイントを押さえることで、あなたの愛車を少しでも高く売却できる可能性が高まります。

≫筆者が実際にお世話になった安心できる買取業者はコチラ

車を売るときに必要な書類の準備方法や注意点のまとめ

この記事のまとめ

  • 車を売る時に必要な書類は6種類
  • 書類の準備は早めに、不明点があれば専門家へ
  • 車両の状態チェックで査定額アップ
  • 売却方法は3種類、それぞれメリット・デメリットあり
  • ケース別に必要な書類を確認
  • よくある疑問を解消してスムーズに売却

車を売ることは、人生で何度も経験することではありません。だからこそ、必要な書類や手続きについて不安に思う方も多いですよね。

この記事では、2024年最新の情報に基づき、車を売る際に必要な書類の種類や準備方法、注意点などを詳しく解説しました。

必ず準備しなければならない書類は、車検証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、リサイクル券、実印、印鑑証明書の6種類です。

これらの書類は、車の所有者や状態、税金の支払い状況などを証明する重要なものです。紛失している場合は、再発行が必要になるので、早めに確認しておきましょう。

また、車の売却方法によって、必要な書類や手続きが異なります。

ディーラー下取り、買取業者、個人売買の3つの方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。ご自身の状況に合わせて、最適な方法を選びましょう。

車を売る前には、車両の状態をチェックすることも重要です。洗車や清掃、必要であれば修理を行うことで、査定額アップに繋がることがあります。

この記事で紹介した情報を参考に、必要書類を漏れなく準備し、安心して車を売却してください。

もしもわからない点があれば、ディーラーや買取業者に相談することをおすすめします。専門家のアドバイスを受けることで、スムーズに手続きを進めることができますよ。

\ WEBでカンタン申込可能 /

無料で査定できる買取業者はコチラ

-車を売りたい
-, ,

\35秒のカンタン入力でOK/
申し込んだからといって必ず売らなくても大丈夫!翌日には希望の口座に振り込まれます。
無料で愛車を査定する
\最大3万円分のクーポンがもらえる/
あのJackeryが最大50%OFFのセール中!7月18日までなので、お急ぎください!
セール品を見る