本記事のリンクには広告がふくまれています。 PROBOX 車中泊

プロボックスで車中泊デビュー!初心者でも安心の準備と注意点を徹底解説!

プロボックスで車中泊
ママ
ママ

「車中泊」やってみたいけどムズかしそう……。

最低限なにを準備したらいいのかしら……?

プロボパパ
プロボパパ

「車中泊」はやってみると意外とカンタン!

プロボックスに乗っているパパが車中泊したい人に向けて、準備するものと注意点を解説するよ!

車中泊は初めてだと、何から用意すればいいかわからないですよね。

でも、ご安心ください。プロボックスなら、初心者でも気軽にすぐに車中泊を楽しむことができます。

プロボックスは、荷室が広く、カスタマイズしやすい車です。そのため、車中泊に必要な装備をしっかりと準備すれば、快適な睡眠や食事を楽しむことができます。

そこで、この記事では、プロボックスで車中泊デビューする方に向けて、必要な準備と注意点をご紹介します。

さっそくすすめていきましょう!

>>筆者のプロボックスカスタムについてはコチラ

プロボックスはすぐに車中泊ができる

プロボックスの荷室

プロボックスは、車中泊に適した車種として人気があり、購入してその日から車中泊することができます。荷室が広く、車内がフラットになるため、お気に入りのマットを敷くだけで、快適に車中泊を楽しむことができます。

車中泊をする際に最も重視するポイントは「荷室の広さであり、次に「車内がフラットになるかどうか」です。

プロボックスで車中泊をする人の中には、車中泊専用のベッドキットを設置して、より快適に車中泊を楽しんでいる人がいます。

また、常に荷室にマットレスやエアーベッドを敷いて、車中泊を楽しんでいる人もいます。

プロボックスは、車中泊に必要な条件をすべて備えた車種と言え、車中泊デビューするのにもってこいの車です。

プロボックスの荷室の広さ(サイズ)

プロボックスの荷室の広さは以下の通り。

後部座席を立ててる状態
後部座席をたたんだ状態
  • 長さ:1040mm
  • 幅:1420mm
  • 高さ935mm
  • 長さ:1810mm
  • 幅:1420mm
  • 高さ:935mm

さらに助手席を倒すと、長さは2,345mmになります。

プロボックスは、荷室の広さが確保されているため、車中泊にも適した車です。車中泊をする際には、荷室をフルフラットにすることで、大人2人がゆったりと寝ることができます。

パパ
パパ

プロボックスなら身長176㎝のボクでも足を伸ばしてゆったり眠れるよ!

プロボックスの車中泊に必要な装備

プロボックス 車中泊

車中泊の装備は、自分の好みや予算に合わせて選びましょう。また、車中泊をする場所や季節によっても、必要な装備は異なります。

ポータブル電源

ポータブル電源

ポータブル電源があれば、車内で快適に過ごすことができます。

たとえば、ポータブル扇風機や電気毛布を使えば、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。

電気コンロや、電子レンジが使える容量のポータブル電源を選ぶと車内で火を使わずに調理することもできますよ!

息子
息子

ボクはキャンプでも大きいモニターで、パパとスプラトゥーンができるのが最高!

≫車中泊に最適なポータブル電源はコチラ

寝具

プロボックスの荷室

車内で寝るためには、寝具が必要です。マットレスや寝袋、枕などがあると快適に寝ることができます。

プロボックスの荷室は完ぺきなフルフラットにはならないので、厚手のマットレスが必須です。

ボクのお気に入りは、写真のタンスのゲンのENDLESS-BASE ソファーマットレス厚みが8㎝もあるので、肩や腰も痛くならず、朝までぐっすり眠れますよ!

カーテン・ブラインドシェード

車内のプライバシーを守るためにも付けておきましょう。就寝中も外が見えると落ち着きません。

朝日のまぶしさも軽減できますよ。

プロボックスにはサイズピッタリのプロボックス専用のブラインドシェードがあります。男性のボクでも夜、外から見えないという安心感は想像以上です。

照明

車内は、外部からの光が入りにくいため、照明が必要です。LEDライトやランタンなどがあると便利です。

LEDライト付きのポータブル電源だとなお良いですね。

 

調理器具

イワタニ カセットコンロ

車内で食事をする場合は、調理器具が必要です。バーナーやクッカーなどがあると便利です。

外でカセットコンロを使って調理するか、容量の大きいポータブル電源があれば電子レンジや、IHコンロが使えるので車内で調理できますよ。

缶詰やレトルトパックといった調理不要な食料品を持っていくのもコツです。

写真はボクら家族が愛用しているイワタニさんのカセットコンロ カセットフータフまると何枚あっても困らないグリドルパンです。風が強いときでも火が消えないので、火加減に悩まされることはありませんよ!

 

洗面用具

歯磨きや洗顔など、快適な車中泊をするには、洗面用具が必要です。タオルや歯ブラシ、洗顔フォームなど、必要なものを用意しましょう。

道の駅やサービスエリアなどは、24時間お手洗いが使えるところもあるので事前に調べておきましょう。

紙せっけんは車中泊では重宝しますよ!いつでも清潔にいられます。

掃除用具

車内を清潔に保つために、掃除用具を用意しましょう。ゴミ袋や雑巾など、必要なものを用意しましょう。

ボクは左官用の大きなバケツを持っていきます。道具入れにもなるし、水汲みやゴミ箱としても大活躍です!

アウトドアテーブル&チェア

プロボックスカスタム

テーブルがあると、車内でも快適に食事を楽しむことができます。

車内でも社外でも使えるように、高さが調整できるテーブルだと便利ですよ。荷物にならないように折りたためるテーブルを選んでください。

折り畳みのアウトドアチェアがあれば、どこでも座って食事やコーヒータイムができますのでセットで揃えましょう。

ママ
ママ

プロボックスは荷室が広いから、紹介したグッズは全部入ったわ!

最低限これだけあれば、快適な車中泊を楽しめるよ!

車中泊におすすめの場所

車中泊をする際には、以下の3つの場所がおすすめです。

  • オートキャンプ場(RVパーク)
  • 道の駅
  • 高速道路のサービスエリア
  • キャンプ場
  • 市営・県営の無料駐車場

オートキャンプ場(RVパーク)

オートキャンプ場は車中泊専用の設備が整っており、電源サイトや水道設備も利用できます。

予約が必要な場合が多いですが、快適な車中泊が楽しめます。場所です。

事前チェックポイント

  • 予約が必要かどうか。
  • 電源サイトや水道設備の有無。
  • 家族連れやペット同伴が可能か。

道の駅

道の駅は日本全国に点在し、トイレや飲食店が備わっている施設です。

駐車場も広く、24時間利用可能な場所が多いため、車中泊には最適です。

地元の特産品や観光情報も手に入れることができます。

事前チェックポイント

  • トイレ、飲食スペース、売店などの設備を確認。
  • 駐車場広さや天候を事前に調査。
  • 口コミや評価をチェックして、安全性や快適さを確認。

高速道路のサービスエリア

高速道路のサービスエリアにはトイレ、シャワー、飲食店の設備が充実しています。

セキュリティがしっかりしており、安心して過ごせます。

大きなサービスエリアでは、24時間営業の店舗もあり、深夜でも必要なものを購入できます。

事前チェックポイント

  • エリアサービスの設備(シャワー、24時間営業の店舗、ガソリンスタンドなど)を確認する。
  • 深夜の騒音や不快感についての口コミをチェックする。
  • 近くに大型トラックの駐車スペースがある場合、騒音対策を考えます。

キャンプ場

キャンプ場は自然の中で過ごすことができ、リラックスできます。

設備が整っており、BBQや焚き火を楽しむことも可能です。

予約が必要な場合がありますが、静かで安全な環境が提供されますされます。

事前チェックポイント

  • 予約が必要かどうかを。
  • キャンプ場の設備(トイレ、シャワー、炊事場など)を確認。
  • 自然環境や景観を楽しみたい場合、風景や周辺環境の情報。

市営・県営の無料駐車場

市営や県営の駐車場は比較的料金が安く、セキュリティも整っています。

観光地や駅周辺に多く、観光の拠点としても便利です。

車中泊が許可されているかどうかを事前に確認して利用しましょう。

事前チェックポイント

  • 車中泊が許可されているかどうか。
  • 料金設定を確認し、予算に合うかどうかをチェック。
  • 周辺の騒音や夜間の照明状況を確認。

車中泊の準備

車中泊を快適に楽しむためには、事前の準備が大切です。車内を清潔にしたり、車の状態を確認したり、トラブルに備えたりすることで、安心して車中泊を楽しむことができます。

プロボックスで車中泊をする人の中には、車中泊専用のベッドキットをDIYして、快適に車中泊を楽しんでいる人がいます。

準備しておくこと

  • 車内を清潔にする
  • 車の燃料やオイルの残量を確認する
  • 車の故障やトラブルに備える

車内を清潔にする

車内が汚れていると、快適に過ごすことができません。車内を掃除機をかけたり、拭き掃除をしたりしましょう。

車の燃料やオイルの残量を確認する

車の燃料やオイルの残量が少なくなると、車中泊の途中で困ることになります。出発前に、給油やオイル交換をしておきましょう。

車の故障やトラブルに備える

車の故障やトラブルは、いつ起こるかわかりません。スペアタイヤや応急用具を用意して、いざというときに備えましょう。

食料や飲料の準備

車中泊をする際には、食料や飲料の準備が必要です。車内で食事や飲み物を楽しめることで、より快適に車中泊を楽しむことができます。

車中泊をする際には、1日分の食料や飲料を用意しましょう。コンビニやスーパーで、食料や飲料を買うことができます。

現地調達が調達が難しい場合に備えて、事前に準備しておくことが大切です。

  • 1日分の食料や飲料を用意する
  • 温かい飲み物やおやつがあると、車内が快適になる

1日分の食料や飲料を用意する

車中泊をする際には、現地調達が調達が難しい場合に備えて、事前に準備しておくことが大切です。

朝食、昼食、夕食、間食の1日分の食料と飲料を用意してください。

コンビニやスーパーでもOK。アウトドア用品店で、保存食やレトルト食品を買うこともできます。

1日分の食料や飲料を用意することで、車中泊を安心して楽しむことができます。

温かい飲み物やおやつがあると、車内が快適になる

車内は冬場は寒く、夏場は暑くなります。温かい飲み物やおやつがあると、車内の寒さや暑さを和らげることができます。

夏は車外に出てかき氷やキンキンに冷やしたビールにハイボール、冬は温かいコーヒーとスナック菓子やチョコレート。

おやつや飲み物だけでも車中泊はほっこり快適に楽しめます。

プロボパパ
プロボパパ

ゴミは必ず持ち帰ろう!

車中泊の過ごし方

車中泊は、車の中で過ごす時間も楽しみの一つです。車内での過ごし方を工夫することで、より快適で充実した車中泊を楽しむことができます。

車内での過ごし方

車内での過ごし方は、その人の好みや気分に合わせて自由に楽しむことができます。

車内は、寝床、仕事場など、さまざまな用途に活用することができます。

  • 寝る
  • 読書やゲームをする
  • 映画を見る
  • 音楽を聴く

寝る

車中泊専用のベッドキットやマットレスがあれば、快適に寝ることができます。

車内から外が見えると、思ったより睡眠に集中できないので、カーテンやシェードを取り付けて、プライベートも確保しましょう。

読書やゲームをする

車内は静かで集中できるので、読書やゲームに最適です。

車内で充電できるモバイルバッテリーや電源タップがあると便利です。

映画を見る

ポータブルDVDプレーヤーやUSB接続のテレビがあれば、車内で映画を楽しむことができます。

ヘッドフォンやイヤホンを使うことで、周囲を気にせずに楽しめます。

音楽を聴く

車内スピーカーで音楽を聴くもよし、イヤホンやヘッドフォンで音楽を聴くもよしです。

音楽を聴きながらの読書もリラックスできますよ。

外での過ごし方

プロボックスと折りたたみテーブル

車中泊では、車内だけでなく、外でもさまざまな過ごし方を楽しむことができます。自分の好みや目的に合わせて、過ごし方を工夫しましょう。

「車中泊の楽しみ方」のアンケート結果によると、「自由に過ごせること」と「自然に触れること」が上位を占めています。

人気の過ごし方は以下の3つ。

  • 観光や散策をする
  • 温泉やキャンプを楽しむ
  • 地元の食事を味わう

観光や散策をする

車で移動しながら、さまざまな観光スポットを巡ることができます。車中泊なら、朝早くから出発して、時間を有効に使うことができます。

車で移動しながら、さまざまな観光スポットを巡ることで、車中泊の楽しみをさらに広げることができます。

温泉やキャンプを楽しむ

車で移動しながら、温泉やキャンプ場を探すことができます。

車中泊なので、温泉やキャンプ場での宿泊費用も節約できます。

温泉で旅の疲れを癒したり、キャンプで自然を満喫したりすることができます。

地元の食材を味わう

地元の食材を使った料理を味わうことで、地域の文化や歴史を身近に感じることができます。

持ち運びできるカセットコンロを持っていけば、地元のスーパーや市場で食材を買ってきて、自分で料理を楽しむことができます。

車中泊のトラブル

プロボックスの荷室から眺める海

車中泊は、自由で快適な旅のスタイルですが、トラブルも起こる可能性があります。事前に対策をしておけば、トラブルを未然に防いだり、被害を最小限に抑えたりすることができます

  • トイレやシャワーがない場合は、事前に済ませておく
  • 車内が暑い場合は、窓を開けて換気する
  • 車内が寒い場合は、防寒対策をしっかりする
  • 車内での調理は、火災に注意する

トイレやシャワーが利用できない

車中泊の際には、トイレやシャワーが利用できる場所を事前に確認しておきましょう。

アンケート調査によると、車中泊をする際に最も困ることは「トイレやシャワーの利用」となっています。

利用できる場所であっても、時間制限がないか、故障中でないか、到着したらすぐに確認してください。

車内が暑い場合は、窓を開けて換気する

車内が暑くなったら、窓を開けて換気しましょう。

車内は、外気温の影響を受けやすいため、夏場は特に暑くなります。

できれば夏場の車中泊は避け、車用の網戸を利用して車内の温度を快適に保ってください。

車内が寒い場合は、防寒対策をしっかりする

車内が寒くなったら、防寒対策をしっかりしましょう。

車内が寒くなったら、毛布やブランケットで寝袋を作りましょう。

こんなときこそ、電気毛布が大活躍します。小型のポータブル電源でも一晩なら問題なく使えるので、寒い夜も快適に過ごせますよ。

冬の車中泊にオススメなポータブル電源はコチラ >>

車内での調理は、火災に注意する

車内で調理するときは、火災に注意しましょう。

車内は、狭く密閉された空間であるため、火災が発生した場合、一酸化炭素中毒や火の広がりによる二次被害のリスクが高くなります。

ポータブル電源を持参して、火を使わずに調理ができる電子レンジやホットプレートを使うのもおすすめです。

≫車中泊におすすめのポータブル電源

プロボックスでの車中泊についてよくある質問

よくある質問

プロボックスでの車中泊についてよくある質問をまとめました。

プロボックスは車中泊に適した車ですか?

プロボックスは車中泊に適した車です。荷室が広く、カスタマイズしやすいため、自分の好みに合わせて車内をアレンジすることができます。また、商用車なので、燃費も良く、経済的です。

プロボックスで車中泊をする際に必要な装備は?

プロボックスで車中泊をする際に必要な装備は、以下のとおりです。

  • 寝具:マットレス、寝袋、枕
  • 照明:LEDライト、ランタン
  • 電源:ポータブル電源
  • 食料や飲料:1日分の食料と飲料
  • 洗面用具:シャンプー、ボディソープ、タオル
  • 防寒対策:毛布、ブランケット

これらの装備をしっかりと準備しておくことで、快適で安全な車中泊を楽しむことができます。

プロボックスで車中泊をする際に注意すべきことは?

プロボックスで車中泊をする際に注意すべきことは、以下のとおりです。

  • 車内は、狭い空間です。荷物は最低限に抑えて、車内を清潔に保ちましょう。
  • 車内での調理や火気は、火災の原因となりますので、十分に注意しましょう。
  • 車中泊は、道路交通法上は駐車とみなされます。長時間駐車する際には、周囲に迷惑をかけないようにしましょう。

これらの注意点を守って、快適で安全な車中泊を楽しみましょう!

プロボックスで手軽に車中泊を楽しもう!

車中泊は、キャンプや旅行の定番スタイルとして、近年人気が高まっています。プロボックスは、荷室が広く、カスタマイズしやすいため、車中泊にも適した車です。

プロボックスの車中泊で必要な装備は、以下のとおりです。

  • 寝具
  • LEDライト
  • ポータブル電源
  • 食料、飲料
  • 洗面用具
  • 防寒対策グッズ
  • 虫よけアイテム
  • アウトドアテーブル&チェア

これらの装備をしっかりと準備しておくことで、快適で安全な車中泊を楽しむことができます。

プロボックスで車中泊をする際には、以下の点に注意しましょう。

  • 車内は、狭い空間です。荷物は最低限に抑えて、車内を清潔に保ちましょう。
  • 車内での調理や火気は、火災の原因となりますので、十分に注意しましょう。
  • 車中泊は、道路交通法上は駐車とみなされます。長時間駐車する際には、周囲に迷惑をかけないようにしましょう。

誰でも最初は初心者です!思い切って一度車中泊を試してみると、「こんなもんか?簡単じゃん!」と感じる人がほとんどです。

車中泊に慣れてくると、あなたに必要な道具がわかってきたり、準備もスムーズになってきます。

男だけの素敵なリラックスタイムを過ごせるので、ぜひ車中泊デビューを果たしてくださいね!

車購入を検討中の方は要チェック!

車中泊を楽しんだり、趣味を楽しむためにプロボックスに乗りたいお父さんは、居心地よくカスタムすることをオススメします!

とはいえ、カスタムすると購入費用が1.5倍ほど高くなります。

なので、今乗っている愛車がいくらで売れるか知っておきましょう!予算が足りなくておきらめてたカスタムが実現できますよ!

ボクは以前、めんどくさがってトヨタのヴォクシーをディーラーに下取り価格0円で出してしまいました。

あとで買取業者に依頼していれば10万円以上では売れたと知ってショックでした……。

ボクのような失敗をしないためにも、車は中古車の買取業者さんに買い取ってもらってくださいね。

\ WEBでカンタン申込可能 /

無料で査定できる買取業者はコチラ

-PROBOX, 車中泊
-,

35秒カンタン入力でOK
申し込んだからといって必ず売らなくても大丈夫!翌日には希望の口座に振り込まれます。
無料で愛車を査定する
最大3万円クーポン配布中
おいそぎください!あのJackeryが最大40%OFFのセール中!6月23日(金)23時59分まで!
セール品を見る