本記事のリンクには広告がふくまれています。 ポータブル電源

もう迷わない! ポータブル電源の容量計算と選び方完全ガイド

ポータブル電源 時間計算

≫【毎日更新中】ポータブル電源優良メーカーセール情報 2024年6月15日更新

ママ
ママ

冷蔵庫が5時間くらい使えるポータブル電源を探しているんだけど、使える時間の計算の仕方がぜんぜんわからない…。

「消費電力」って言われてもどこを見ていいかもわからないし…。

パパ
パパ

オーケー!そういう悩みならポータブル電源マニアのボクに任せて!使いたい家電がポータブル電源でどのくらい使用できるか計算する方法を詳しく解説するよ!

「キャンプでスマホの充電が切れた…」

「停電で冷蔵庫が使えない!」

そんな経験ありませんか? ポータブル電源があれば、これらの悩みを解決できます。

しかし、いざ購入しようとすると、「どのくらいの容量を選べばいいか分からない…」と迷ってしまうことも多いのではないでしょうか?

この記事では、ポータブル電源の容量計算方法を徹底解説! 必要な容量を正確に把握し、用途にぴったりの1台を見つけられるようサポートします。

さらに、容量以外の注目ポイントやおすすめアプリ、購入前に確認すべき点なども詳しく紹介。

この情報を使えば、あなたもポータブル電源選びの迷いを解消し、快適なアウトドアライフや安心の防災対策を実現できます!

ポータブル電源って何? キャンプや防災で役立つ?

ポータブル電源は、持ち運びできる蓄電池です。電源のない場所でも、スマホ充電、照明、家電使用など、様々な機器に電力を供給できます。

キャンプや車中泊では、快適な空間を作るために役立ち、停電時の非常用電源としても活用でき、災害時の安心感につながります。

用途に合った容量や機能のものを選ぶことで、アウトドアや防災に備えることができます。

アウトドア・災害時の頼れる味方! ポータブル電源の役割とは?

近年、注目を集めているポータブル電源。その名の通り、持ち運び可能な電源で、アウトドアや災害時など、場所を選ばずに電力を供給できる優れものです。

容量や単位、目安など、購入前に確認すべきポイントはありますが、計算ツールなどを活用すれば、必要な容量を簡単に計算できます。

キャンプや車中泊では、スマホや照明、家電製品など、様々な機器に充電したり、電源を供給したりできます。災害時には、停電時の生活を支える頼りとなります。

パススルー機能付きなら、充電しながら機器を使用できるため、長時間電力を供給できます。DC出力の種類や見方、自動切換え機能なども確認しておきましょう。

定格出力やワット数によって、使用できる機器が決まります。大容量タイプなら、複数の機器を同時に使用できます。

深夜電力を活用すれば、電気代を抑えながら充電できます。

ポータブル電源は、アウトドアや災害時の安心感を高めてくれる、まさに頼れる味方です。

キャンプや車中泊で快適空間を実現! ポータブル電源の活用例

キャンプや車中泊で快適な時間を過ごすためには、電源確保が重要です。そこで活躍するのが、場所を選ばずに電力を供給できるポータブル電源です。

容量や定格出力、DC出力の種類などを考慮し、必要な目安を計算しましょう。時間計算ツールなども活用すれば、より効率的に電力を使用できます。

ポータブル電源があれば、キャンプや車中泊で様々な機器を利用できます。

  • スマホや照明の充電
  • 扇風機や電気毛布の使用
  • 小型冷蔵庫で食材を新鮮に保つ
  • 電気ケトルでお湯を沸かす
  • ノートパソコンで作業

ポータブル電源は、キャンプや車中泊をより快適に、そして思い出深いものにしてくれるでしょう。

【決定版】車中泊におすすめなリン酸鉄搭載ポータブル電源5選を徹底比較

停電時の不安を解消! 防災用ポータブル電源の選び方

近年、地震や台風などの自然災害が頻発しており、停電への対策が重要になっています。停電時に役立つのが、場所を選ばずに電力を供給できるポータブル電源です。

容量は、使用したい機器や使用時間によって異なります。目安としては、スマホや照明であれば300Wh程度、冷蔵庫であれば1000Wh程度必要となります。容量計算ツールなどを利用して、必要な容量を計算しましょう。

定格出力は、使用できる機器の消費電力に合致する必要があります。DC出力の種類や自動切換え機能なども確認しておきましょう。

選び方のポイントは以下の通りです。

  • 必要な容量
  • 定格出力
  • 出力の数
  • 安全装置
  • パススルー機能
  • PSEマーク
  • 持ち運びやすさ

停電時の不安を解消するためにも、事前に防災用ポータブル電源を用意しておきましょう。

容量計算で失敗しない! 目安と選び方を徹底解説

ポータブル電源を購入する前に、必要な容量を計算することが重要です。

この解説では、以下のポイントを詳しく説明します。

  • WhとAhの違い:容量の単位を理解する
  • 用途別目安:キャンプ、防災、家電使用など
  • 予算と性能のバランス:最適な容量を選ぶ

失敗しないポータブル電源選びのために、ぜひ参考にしてください。

WhとAhの違いって? ポータブル電源の容量の基礎知識

ポータブル電源を選ぶ上で重要なのが、容量の単位です。ポータブル電源の容量は、Wh(ワットアワー)とAh(アンペアアワー)の2つの単位で表記されます。

Whは、消費電力と使用時間の積で求められます。

60Wの電球を1時間使用すると、60Whの電力消費になります。

Ahは、電流と時間の積で求められます。

2Aの電流を1時間流すと、2Ahの電流容量になります。

WhとAhの関係は、以下の式で表されます。

Wh = Ah × 電圧

電圧は、ポータブル電源によって異なりますが、一般的には12V、24V、5Vなどです。

300Whのポータブル電源で、60Wの電球を使用する場合

使用時間 = Wh / 消費電力 = 300Wh / 60W = 5時間

となります。

このように、Whはエネルギー量を表し、Ahは電流量を表すことを理解しておきましょう。

ポータブル電源を選ぶ際には、必要な容量をWhで計算し、Ahも確認して、電圧との整合性をとることが重要です。

用途別で見る! キャンプ、防災、家電使用の容量目安

ポータブル電源の容量は、用途によって異なります。ここでは、キャンプ、防災、家電使用における容量の目安をご紹介します。

キャンプ

  • スマホ、照明、扇風機などの充電:300Wh~500Wh
  • 小型冷蔵庫の使用:500Wh~1000Wh
  • 電気ケトルやホットプレートの使用:1000Wh以上

防災

  • スマホ、照明、ラジオなどの充電:300Wh~500Wh
  • 小型冷蔵庫の使用:500Wh~1000Wh
  • 医療機器の使用:1000Wh以上

家電使用

  • テレビ:500Wh~1000Wh
  • ノートパソコン:300Wh~500Wh
  • ドライヤー:1000Wh以上

上記はあくまで目安であり、使用時間や機器の消費電力によって必要な容量は異なります。容量計算ツールなどを利用して、必要な容量を計算することをおすすめします。

【必見!】停電・アウトドアでも家電が使える!ポータブル電源の選び方

予算と性能のバランス! 容量と価格の関係

ポータブル電源を選ぶ際には、容量と価格のバランスを考慮することが重要です。

容量が大きければ大きいほど、使用できる機器や使用時間が長くなります。しかし、価格も高くなります。

予算を決めて、その予算内で最大限の容量を得られるポータブル電源を選ぶのが理想です。

容量と価格の関係は以下の通りです。

  • 容量が大きくなるほど価格は高くなる
  • 大容量のポータブル電源は、複数の機器を同時に使用したい方や、長時間使用したい方におすすめ
  • 小型で低容量のポータブル電源は、持ち運びやすさを重視する方や、短時間使用したい方におすすめ

容量以外にも、定格出力、出力の種類、パススルー機能などの性能も考慮する必要があります。

簡単に必要な容量を正確に計算する方法

必要な容量を簡単に正確に計算するには、以下の方法がおすすめです。

  • 使用したい機器の消費電力(W)を確認する
  • 使用時間を決める
  • 以下の式で計算する

必要な容量(Wh)=消費電力(W)×使用時間(時間)+ロス率(20%)

ロス率は、電力変換による損失を考慮したものです。

この方法で、必要な容量を正確に把握し、最適なポータブル電源を選びましょう。

3ステップで簡単計算! ポータブル電源容量計算式

ポータブル電源を購入する前に、必要な容量を計算しておきましょう。必要な容量を知っていれば、予算や用途に合ったポータブル電源を選びやすくなります。

必要な容量は、以下の式で計算できます。

必要な容量 (Wh) = 使用機器の消費電力 (W) × 使用時間 (h) +ロス率(20%)

使用機器の消費電力を確認

使用する機器の消費電力は、取扱説明書や本体に記載されています。

使用時間を決める

ポータブル電源を使用する時間帯や時間の長さを決めます。

余裕率を考慮

計算で算出した容量に、20%の余裕率を乗じます。これは、電力損失や将来の使用機器増加などを考慮するためです。

60Wの電球を2時間使用したい場合

必要な容量 (Wh) = 60W × 2h + 20% = 144Wh

となります。

ポータブル電源を販売する公式サイトには、ポータブル電源の容量計算ツールが公開されています。計算ツールを使えば、簡単に必要な容量を計算できます。

パパ
パパ

ポータブル電源を取り扱う公式サイトには、ポータブル電源の容量計算ツールが公開されているよ。計算ツールを使えば、計算が苦手なボクでも簡単に必要な容量を計算できる!

家電製品の電力消費量を把握! 電力表示の見方

ポータブル電源で家電製品を使用する際、電力消費量を把握することは、必要な容量の計算や電気代の節約に役立ちます。

家電製品の電力表示は、一般的に本体に貼付されたシールや取扱説明書に記載されています。

  • 消費電力:製品が使用する電力の大きさ(W(ワット)で表示)
  • 定格出力:製品が連続して使用できる最大電力(W(ワット)で表示)
  • 年間消費電力:製品を1年間使用した場合の予想消費電力(kWh(キロワットアワー)で表示)


  • 消費電力:製品の使用量を計算する際に使用する。
  • 定格出力:ポータブル電源の容量を選ぶ際に使用する。
  • 年間消費電力:電気代の目安を知る際に使用する。

電力消費量の計算

製品の消費電力と使用時間から、電力消費量を計算することができます。

電力消費量 (Wh) = 消費電力 (W) × 使用時間 (h)

消費電力60Wの電球を1時間使用した場合

電力消費量 (Wh) = 60W × 1h = 60Wh

となります。

ガジャパパ
ガジャパパ

家電製品の電力表示を理解することで、必要なポータブル電源の容量や電気代の節約に役立てることができるよ!

計算式を使いこなす! WhとAhの換算方法

ポータブル電源の容量は、Wh(ワットアワー)とAh(アンペアアワー)の2つの単位で表記されます。これらの単位はそれぞれ異なる意味を持つため、換算方法を理解しておくことが重要です。

WhとAhは、以下の式で換算できます。

Wh = Ah × 電圧

電圧は、ポータブル電源によって異なりますが、一般的には12V、24V、5Vなどです。

300Whのポータブル電源で、電圧が12Vの場合

Ah = Wh / 電圧 = 300Wh / 12V = 25Ah

となります。

  • Whは、エネルギー量を表します。使用時間や消費電力などを計算する際に使用します。
  • Ahは、電流量を表します。バッテリーの容量などを表示する際に使用します。
パパ
パパ

WhとAhは、電圧を考慮することで相互変換できる。ポータブル電源を使用する際は、それぞれの単位の意味と換算方法を理解しておこう!

時間計算で安心! ポータブル電源が使える時間を把握

必要な容量を計算したら、次は使用時間を把握しましょう。

この解説では、以下のポイントを詳しく説明します。

  • 時間計算式:具体的な手順と応用例
  • 効率的な電力使用:バッテリー持続時間を延ばす方法

安心安全にポータブル電源を活用するために、ぜひ参考にしてください。

WhとAhから持ち時間を計算! 時間計算式

ポータブル電源の持ち時間は、Wh(ワットアワー)とAh(アンペアアワー)の容量と、使用機器の消費電力から計算できます。

持ち時間は、以下の式で計算できます。

持ち時間 (h) = Wh / 消費電力 (W) = Ah / (消費電力 (W) / 電圧)

300Whのポータブル電源で、消費電力60Wの電球を使用する場合

持ち時間 (h) = 300Wh / 60W = 5時間

となります。

上記の計算式は、あくまでも目安です。実際の持ち時間は、使用環境やバッテリーの劣化などによって異なります。ポータブル電源の効率(80%程度)を考慮すると、計算結果よりも持ち時間は短くなります。

パパ
パパ

WhとAh、消費電力から持ち時間を計算することで、ポータブル電源を効率的に使用することができる。20%余裕率(電力変換によるロス率)を考慮すれば、より正確な時間がわかるよ!

効率的な電力使用で時間を最大限に! 節電テクニック

ポータブル電源は、容量計算や時間計算をしっかり行うことで、より効率的に使用できます。容量はWhとAhの単位で表記されますが、それぞれの意味を理解し、用途に合った目安を知ることが大切です。

例えば、キャンプではスマホや照明など、DC出力で使える機器が多いので、必要なワット数を確認し、適切な定格出力を持つものを選びましょう。時間計算では、使用したい機器の消費電量とバッテリー容量を元に、使用可能時間を算出できます。

さらに、深夜電力プランを利用すれば、充電時間を深夜に設定することで電気代を抑えることができます。

賢く選ぶ! 容量以外の注目ポイント

ポータブル電源は、容量以外にも以下のポイントに注目しましょう。

  • 出力端子:使用機器に合ったものを選ぶ
  • 安全性:PSEマークや保護機能を確認
  • 充電時間:短時間で充電できるものを選ぶ
  • 持ち運び:重量やサイズを確認
  • 便利な機能:ソーラー充電、拡張機能、LEDライトなど

これらのポイントを比較検討することで、より使いやすく、安全なポータブル電源を選ぶことができます。

AC/DC出力、ワット数… 出力の種類で選ぶ

ポータブル電源を選ぶ際には、出力の種類とワット数を確認することが重要です。

出力の種類

ポータブル電源には、主にAC出力とDC出力の2種類があります。

  • AC出力:家庭用コンセントと同じ100Vの電力を供給できる。
  • DC出力:5V、12V、24Vなどの電圧を供給できる。

ワット数

ワット数は、出力できる電力の大きさを表します。使用する機器の消費電力よりも大きなワット数のポータブル電源を選ぶ必要があります。

出力の種類とワット数の選び方

  • AC出力を使用する場合は、使用する機器の消費電力に合ったワット数のポータブル電源を選ぶ。
  • DC出力を使用する場合は、機器の動作電圧に合った出力電圧のポータブル電源を選ぶ。
  • 複数の機器を同時に使用したい場合は、合計消費電力に余裕を持ったワット数のポータブル電源を選ぶ。

充電時間と充電方法:満充電までの時間と利便性で選ぶ

ポータブル電源を使用する上で、充電時間は重要な要素です。ここでは、充電時間と充電方法の種類、それぞれの利便性について解説します。

充電時間

充電時間は、ポータブル電源の容量と充電方法によって異なります。

充電方法

ポータブル電源の充電方法は、主に以下の3種類があります。

  • AC充電:家庭用コンセントから充電する方法。最も一般的な充電方法で、充電時間が短い。
  • DC充電:車のシガーソケットから充電する方法。外出先で手軽に充電できる。
  • ソーラー充電:太陽光を利用して充電する方法。環境に優しい充電方法だが、充電時間が長い。

充電時間の目安

  • AC充電:3~6時間
  • DC充電:6~12時間
  • ソーラー充電:8~12時間

利便性

  • AC充電:充電時間が短く、利便性が高い。
  • DC充電:外出先で充電できる利便性がある。
  • ソーラー充電:環境に優しいが、充電時間が長い。
パパ
パパ

充電時間は、ポータブル電源の容量と充電方法によって異なる。利便性と充電時間を考慮して、自分に合った充電方法を選ぼう!

安全性を重視! PSEマーク、過充電・過放電保護機能で選ぶ

ポータブル電源を使用する上で、安全性は最も重要な要素です。

ここでは、PSEマークと過充電・過放電保護機能について解説し、安全性を高めるためのポイントを紹介します。

PSEマーク

PSEマークは、電気用品安全法に基づき、安全基準を満たした製品にのみ貼付されるマークです。

PSEマークのないポータブル電源は、感電や火災などのリスクが高いため、使用を避けましょう。

過充電・過放電保護機能

過充電・過放電保護機能は、バッテリーの劣化や破損を防ぐための機能です。

過充電はバッテリーの膨張や爆発の原因となり、過放電はバッテリーの寿命を縮める原因となります。

安全性向上のためのポイント

  • PSEマークを取得したポータブル電源を選ぶ。
  • 過充電・過放電保護機能付きのポータブル電源を選ぶ。
  • 取扱説明書をよく読んで、正しく使用する。
  • 異常を感じたら、すぐに使用を中止する。
  • 長期間使用しない場合は、バッテリーを50%程度充電した状態で保管する。
パパ
パパ

安全性に配慮したポータブル電源を選び、正しく使用することで、事故を防ぎ、長く安心して使用することができる。そのためにもポータブル電源は「公式サイト」や「正規店」から購入しようね!

持ち運びやすさ、デザインをチェック

ポータブル電源を選ぶ際には、容量や出力だけでなく、以下のポイントも考慮すると良いでしょう。

  • 重量:持ち運び頻度が高い場合は、軽量なモデルを選ぶ。
  • サイズ:カバンや車に収納しやすいサイズを選ぶ。
  • ハンドル:持ちやすい形状のハンドルを選ぶ。
  • カラー:自分の好きな色や、インテリアに合う色を選ぶ。 *質感:高級感のある質感のモデルを選ぶ。
  • デザイン:スタイリッシュなデザインのモデルを選ぶと、インテリアにもなります。

便利な機能から選ぶ

ポータブル電源にはキャンプや車中泊にあると便利な機能が備わっているものもあります。

とくに自分に必要な機能はないかも検討して購入しましょう。

あると便利な機能は以下のとおり。

  • ソーラーパネル充電
  • LEDライト
  • ワイヤレス充電
  • バッテリー拡張機能
  • UPS機能
UPS機能とは
ポータブル電源のUPS機能は、停電時に自動的に電源を切り替えて、パソコンなどの機器を約数秒から数分間保護する機能です。停電によるデータ損失や作業中断を防ぎます。
使い方も簡単で、ポータブル電源と機器をACケーブルで接続するだけです。
UPS機能付きポータブル電源を選ぶ際は、必要な容量や出力、接続機器の種類などを確認しましょう。

防災に役立つ? ポータブル電源の必要性を検証

災害時の停電や避難生活で、ポータブル電源は以下のように役立ちます。

  • 情報収集:スマホ充電、ラジオ、テレビ
  • 照明:懐中電灯、LEDライト
  • 調理:電気ケトル、電子レンジ
  • 医療機器:酸素吸入器、電動ベッド

必要性は、ライフスタイルや地域の災害リスクによって異なります。

災害時の不安を軽減するために、自分に合ったポータブル電源を検討してみましょう。

停電時の備え:必要な家電と電力消費量

停電時に役立つ家電と、それぞれの電力消費量を紹介します。

  • 照明:LEDランタンや懐中電灯。LEDは消費電力が少なく、長持ちします。
  • 情報収集:ラジオ。電池式や手回し式もおすすめです。
  • 調理:カセットコンロ。燃料はボンベを用意しましょう。
  • 冷蔵・冷凍:保冷剤や氷。冷蔵庫・冷凍庫の開閉を控えましょう。
  • 携帯電話:モバイルバッテリー。ポータブル電源があれば、複数台の充電も可能です。
  • LEDランタン:3~5W
  • 懐中電灯:1~3W
  • ラジオ:5~10W
  • カセットコンロ:0W(燃料を使用)
  • 冷蔵庫:50~100W
  • 冷凍庫:100~200W
  • 携帯電話:5W
  • ポータブル電源:停電時の電力確保に役立ちます。必要な家電の消費電力合計と、使用時間を考慮して容量を選びましょう。
  • 電池:ラジオや懐中電灯など、電池式の機器を準備しておきましょう。
パパ
パパ

停電に備えて、必要な家電と電力消費量を知っておくことが重要。ポータブル電源や電池などを準備しておくと、安心だよね!

ポータブル電源のメリットとデメリット:災害時のリスク

ポータブル電源のメリットとデメリットは以下のとおり。

メリット

  • 停電時の安心感:停電時に必要な電力を供給できる。
  • 場所を選ばない:屋外でも屋内でも使用できる。
  • 災害時の備え:停電だけでなく、避難先でも使用できる。
  • 多様な機器への給電:スマホ、パソコン、家電など、さまざまな機器に充電できる。
  • アウトドアでの活用:キャンプや釣りなどのレジャーシーンで使える。

デメリット

  • コスト:購入費用やランニングコストがかかる。
  • 重量:持ち運びが大変な場合がある。
  • 騒音:使用状況によっては、騒音が発生する場合がある。
  • 充電時間:充電に時間がかかる場合がある。
  • 災害時のリスク:災害時の需要増加による入手困難、燃料不足、使用方法の誤りによる火災リスクなど。

災害時のリスクについては以下のとおり。

  • 入手困難:災害発生直後は、需要増加により入手困難になる可能性がある。
  • 燃料不足:燃料式の場合は、燃料の入手が困難になる可能性がある。
  • 使用方法の誤り:使用方法を誤ると、火災などのリスクがある。

まとめ

パパ
パパ

ポータブル電源は、災害時の安心感や多様な機器への給電など、多くのメリットがある。一方で、コストや重量、騒音などのデメリットや、災害時のリスクも存在するんだ。これらのメリットとデメリットを理解した上で、購入を検討することが大切だよ!

容量別おすすめポータブル電源:用途別・人気ランキング

キャンプ、防災、家庭用… 用途別おすすめ製品

ポータブル電源は、用途によって最適な製品が異なります。ここでは、キャンプ、防災、家庭用それぞれの用途におすすめの製品を紹介します。

キャンプ・車中泊におすすめのポータブル電源

キャンプや車中泊におすすめのポータブル電源は場所を取らず、多機能であること。

LEDライト、ワイヤレス充電などが付いているとアウトドアな空間を快適にしつつ小さなストレスが減っていきます。

PowerArQ S10

S10 Proをより詳しく見る

Jackery 1000Plus

1000 Plusをより詳しく見る

BLUETTI AC180

AC180をより詳しく見る

防災時におすすめのポータブル電源

防災時におすすめのポータブル電源は、なんといっても持ち運びしやすいことと、出力の数が多いこと。

持ち運びやすいポータブル電源の中でも、出力数が多くて不便にならない製品を紹介します。

PowerArQ mini 2

mini 2をより詳しく見る

Jackery 300 Plus JE-300B

300 Plusをより詳しく見る

PowerArQ S7

S7をより詳しく見る

家庭用におすすめのポータブル電源

家の中をメインにポータブル電源を使う場合、重要なポイントは停電時にも効果を発揮し、大容量。

「大は小を兼ねる」という言葉はポータブル電源のためにあるようなもの。

ポータブル電源の容量計算についてよくある質問

ポータブル電源の容量って何?

ポータブル電源に蓄えられる電気量の大きさです。Wh(ワット時)という単位で表されます。Whの値が大きければ大きいほど、多くの電力を蓄えられます。

必要な容量を計算するにはどうすればいい?

以下の2つのステップで計算できます。

1. 使用する機器の消費電力(W)を確認する

家電製品には、消費電力が記載されています。取扱説明書や本体を確認しましょう。

2. 使用時間と消費電力から必要な容量(Wh)を計算する

以下の式で計算できます。

必要な容量(Wh)= 使用時間(時間)× 消費電力(W)

例: 60Wの電球を3時間使用する場合

必要な容量(Wh)= 3時間 × 60W = 180Wh

計算が苦手な場合は?

オンラインの容量計算ツールやアプリを使うことができます。メーカーのホームページや家電量販店のサイトなどで提供されています。

容量に余裕を持たせる必要はある?

はい、余裕を持たせることをおすすめします。機器の消費電力表記は目安であり、実際には表記以上の電力を消費する場合があります。また、将来的に新しい機器を追加する可能性も考慮しましょう。

容量の目安は?

使用目的によって目安は異なります。

  • スマホやタブレットの充電: 100Wh~200Wh
  • ノートパソコン: 200Wh~300Wh
  • 小型家電: 300Wh~500Wh
  • 大型家電: 500Wh以上

上記はあくまでも目安です。具体的な製品選びは、上記の計算方法を参考に、ご自身の使用目的に合った容量を選びましょう。

事前にポータブル電源の容量と使いたい家電の消費電力を計算して自分にぴったりのポータブル電源を見つけよう

必要な容量は、「使用する電気製品の消費電力(W)」と「使用時間」の2つの要素によって決まります。

家電製品には、消費電力が記載されています。取扱説明書や本体を確認しながら、機器をどのくらい使用するかを予測しましょう。

必要な容量(Wh)は、以下の式で計算できます。

必要な容量(Wh)= 使用時間(時間)× 消費電力(W)

60Wの電球を3時間使用する場合

必要な容量(Wh)= 3時間 × 60W = 180Wh

容量を選ぶ際のポイントは以下のとおり。

  • 余裕を持たせる:実際の消費電力は表記より高くなる場合があるため、20%の余裕を持って容量を選びましょう。
  • 使用目的:スマホ充電、ノートパソコン、家電など、使用目的によって必要な容量は異なります。
  • 将来的な拡張性:将来的に新しい機器を追加する可能性も考慮しましょう。
  • 持ち運び:大容量の電源は重くなるため、持ち運び頻度を考慮しましょう。
  • 価格:容量が大きくなるほど価格も高くなります。予算と相談しながら決めましょう。

電気製品の容量の目安は以下のとおり。

  • スマホやタブレットの充電:100Wh~200Wh
  • ノートパソコン:200Wh~300Wh
  • 小型家電: 300Wh~500Wh
  • 大型家電: 500Wh以上

上記はあくまでも目安です。もっと詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

【必見!】停電・アウトドアでも家電が使える!ポータブル電源の選び方

ポータブル電源の容量計算は、以下の3つのステップで簡単に行えます。

  • 使用する機器の消費電力と使用時間を確認する
  • 必要容量を計算する (必要な容量(Wh)= 使用時間(時間)× 消費電力(W))
  • 容量を選ぶ際のポイント (余裕、使用目的、拡張性、持ち運び、価格) を考慮して製品を選ぶ

計算が苦手な場合は、Jackeryなどのポータブル電源を取り扱う公式サイトの計算ツールで稼働時間のシミュレーションを簡単に計算することもできます。

-ポータブル電源
-

35秒カンタン入力でOK
申し込んだからといって必ず売らなくても大丈夫!翌日には希望の口座に振り込まれます。
無料で愛車を査定する
最大3万円クーポン配布中
おいそぎください!あのJackeryが最大40%OFFのセール中!6月23日(金)23時59分まで!
セール品を見る